没頭力を意識した後は発信力!アウトプットをコツコツと継続的に!

 

どうも、踊るブロガーのヒデ(@filver366)です。

前回、「没頭力についての記事」を書かせていただきましたが、

今回はその没頭力を意識した後の未来について考察していきます。

 

「没頭力」を意識したその後にやるべきこと

 

仕事、恋愛、人間関係に嫌気が差してしまい、何もかも嫌になった、もうやる気が何も出ない、もう自分には現実逃避の道しか残されていない…そんな経験一度はあるのではないでしょうか。

そういう時には現実逃避しか道がないと思いがちですが、実はもう一つ選択肢があります。

 

そう。「没頭力」です。(無理矢理な流れw)

 

この没頭力を意識すると、あ〜ら不思議。

・仕事に集中できる

→仕事がちょっと面白くなる

→他の関係ないことはどうでもいい、今は仕事!

→仕事の成果が上がる

→収入が増え、「やりたいこと」が出来る

→人間的に魅力的になる、結果モテる

 

という、進研ゼミの漫画のような、リア充感満載の「ハッピーエンド」なストーリーの出来上がりです。だいぶ盛りましたが(笑)

 

でも、仕事(趣味でもいい!)に没頭することによって、間違いなく集中する時間は増加するので、よこしまな考えは圧倒的に薄れます。よって、現実逃避する暇もないくらい、リアルな生活が充実します。

 

そして、大事なのは没頭力を意識し、仕事が面白くなった後。

次は「発信力」を意識して、鍛えてみてください。

 

 

発信力を鍛えることのメリットとは?

 

 

近年、FacebookやTwitterなどのSNSが普及し、芸能人・有名人以外の一般の方でも発信することが可能になりました。

最近では”インフルエンサー”という、情報発信が仕事の方も増えました。これで収入を得ることも可能となりました。

 

これって凄いチャンスと思いません?

 

今まで絶対に無謀だったことも、発信力さえあれば”個人の影響力、ブランド力”を持つことが出来るのです。

実際、僕は発信力を鍛えるために、鬼のようにアウトプットをしているつもりですが、

やはり少しずつ影響力を持てるようになりました。もちろん、まだまだですが。

 

何かに没頭した後に、鍛えるべきなのは、この発信力です。

 

また、仕事を没頭することによって、新たに見えるものがあります。感じることがあります。

それは良いことばかりではありません。

 

時には壁にぶち当たったり、全然仕事が上手くいかなったり、

没頭したからといって、全てがプラスになることなんてありません。

進研ゼミの漫画みたいな”出来過ぎな”ストーリーで終わることはまずないです。

(シーズン2があれば、また話は別ですが…)

 

でも、発想を変えると、それはすごい価値のあるネタになると思うんです。

しかも、自分の発信力次第で。

 

発信力を鍛えておくと、このネタを”料理する”のが上手くなります。

自分の経験談を上手にアウトプットできるようになるので。

 

もし、アウトプット力(発信力)を鍛えていないと、せっかく面白い体験をしたのに、もったいないことが起きます。

素材は一級品なのに、完成品が二流、三流という非常に残念な結果になります。

 

よくあるパターンが、

せっかく海外に行って面白い体験をしたのに、そこで学んだことは何?海外どうだった?と色々と質問しても、

「視野が広がった」とか「英語を学べた」とか、そんなありきたりなことしか発信してくれない人がいます。

 

僕の質問が下手なのもあるかもしれません。それはすみません。

でも、せっかく面白い体験をしたのならば、

その体験を上手く料理して発信すれば、更に面白いのにな…と思ってしまう自分がいます。

 

面白い体験・経験は、言うまでもなく大事なのですが、それ以上に発信力を鍛えることもオススメします。

それによって、少しずつ個人の影響力を持ちつつ、相手にも価値を提供できるので。

 

 

また、大事なのが「コツコツと、継続的に」ってことです。

これは僕も気をつけるべきことなのですが、やはり発信力がある人の共通点として、”マメに発信している”という欠かせないポイントがあります。

キングコング西野さんしかり、ホリエモンさんしかり、武井壮さんしかり…

 

毎日のようにブログを更新していますし、SNSの発信もかなりマメです。

しかも、めちゃくちゃ忙しいのにも関わらず。

 

マメな男性はモテるとよく言いますが、恋愛だけでなく、仕事の方もマメにいきたいものですね。

(自分は仕事よりも恋愛の方がマメじゃないので、そっちも頑張ります。笑)

 

 

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)