ブラック企業で働いている方に今一番、伝えたいこと。

 

どうも、毎日ブロガーのヒデ吉(@hidekichi_u)です。毎朝ブログを書いて、プチ断食(朝ごはん抜く)をやっています。

さて、転職をして、比較的ホワイトな職場で働いている私ですが、以前は超絶ブラックな職場で働いていたことがあります。あの頃を思い出すと切なくて、涙が──(というのは少し過言でしたが)

では、現在ブラック企業で働いている方に『元・ブラック企業で働いた経験がある人』から一つ言わせてもらいます。

 

Sponsored Link

 

「貴重な経験をしているので、どうか前向きに──」

 

前提として申しますが、僕はブラック企業が嫌いですし、すぐにやめても良いと思っています。
ただ、色々と事情があって、すぐにはやめれない方もいると思うので、そういう方に向けて記事を書きました

 

今から4,5年前、ブラック企業で働いていました。

毎日が辛い日々で、しかも『やめられない職場』だったので、絶望的で途方に暮れていました。

 

ヒデ吉
今だったらすぐに労基に訴えるけど…

 

しかし、そんなブラック企業で働いていた過去は、今思えば、かなり貴重だったのかな、と。

 

美輪明宏さんの名言をご紹介します。

 

貧しい時代の苦労はお金で買えない貴重な体験。
どんなに辛くても楽なほうへ逃げない。
人にできない苦労ほど、いつか楽しい思い出になる。

 

僕の好きな言葉で、辛い時にこそ思い出したい言葉。

苦労をしている時って、なかなか前向きになりにくいですが、でもそれは『考え方』の違いで──

辛い過去も、イヤな上司も、面白くない仕事も、全てが貴重な体験として考え方を変えると、世界の見え方がガラッと変わってきます。

 

僕が言いたいことは一つ。

どうか、ただの辛い過去として受け入れるのではなく、

『今の自分の体験はすごく貴重なんだ』と実感しながら、働いて欲しい、ということ。

そして何が不満で、どうすればより良くなるかを自分のできる範囲で、PDCAを回すこと。

(自分のできる範囲、ってのがポイントです)

 

あとがき

 

今ではネタにもなるので、僕は超貴重な経験をさせてくれた『ブラック経営者』に感謝をしております。当時はめちゃくちゃ嫌いな人物でしたが…

また、ブラック企業で働く人あるあるかもしれませんが、

「え?こんなに早い時間に帰ってもいいの?」とか、「こんな暇でもいいの?」とか良い意味でカルチャーショックを受けると思います。

そして同時に今の職場でちょっとイヤなことがあっても、前の職場の方が何倍も、何十倍も辛い思いをしていたら、何とか乗り越えられるでしょう。

そういう比較をする意味でも、かなり貴重な経験と言えるでしょうね。

……もちろん、本当にイヤなら、すぐにでもやめていいんですけどね!w

 

Sponsored Link

 

Twitter でヒデ吉@毎日ブロガーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)