完璧じゃないから面白いし、完成されてないから楽しいゼ

 

どうも、最近朝型生活をキープしている元バーテンダーのヒデです。

今日は完璧主義者のそこのアナタに物を申します。

 

「完璧主義者って疲れませんか…?」

 

はい、出た。うっとおしい自己啓発セミナー口調(笑)

すみません、上から目線に聞こえたら謝ります。

 

でも、常々思うんです僕。

いつも完璧を求めている完璧主義者の方って疲れないですか…?っって。

 

というのも、僕も以前は10代の頃は完璧主義者でした。

ニキビが一つできるのもブルーな気分だったし、

自分の弱点を弱点のままにするのも嫌だったし、

部屋がちょっと汚れているのもすごい気になりました。

 

だから、いつもヘトヘトでした。精神的にも体力的にも。

 

でも大学生の頃、ダンスに出会って考え方がガラッと変わりました。

それは”追求しても追求してもゴールがない、正解がない”モノにハマってしまったからです。

 

ダンスに正解はない

 

 

僕はダンスも好きなんですが、器械体操もめちゃくちゃ好きです。

オリンピックは欠かさず見てましたし、器械体操の選手になりたいと思った時期もありました。

 

体の使い方は結構、器械体操もダンスも似ている部分はあるのですが、

明らかに違う部分、真反対の部分があります。

 

それは、器械体操は正解(100点)に近づけるという競技で、

ダンスは自分なりの正解を見つけるという競技ということ。

 

別にどっちが良いとか、悪いとかの話ではないです。どっちにも面白い要素があり、どっちにも良さがあります。

でも決定的に練習の方向性、目指す所が違います。

 

だからダンスよりも先に器械体操をやっていた(というよりアクロバットみたいな?)ので、

僕はこの方向性のギャップに最初は違和感がありました。

 

でも同時に、

この正解がない感じがすごい楽しかったという記憶もあります。

そこからどんどんハマっていったのです。

 

正解がないのが楽しいし、完璧じゃないから楽しい

 

 

人生においても言えますが、毎回毎回正解を出す人生って面白いですかね?って僕思うんです。

 

効率よく合理的に生きて、遠回りはしたくないから近道を狙って、

いつも安全策ばかり狙って、自分の思考にブレーキをかけて、

どうすれば効率よく稼ぐことができるのか、どうすればラクして生きることができるか…

 

もちろん、そういう生き方もアリですし、その生き方を否定するつもりはないです。

でも、そんな生き方が本当に面白いのかなーって思うんです。

 

失恋した経験も、借金した経験も、挫折した経験も、恥ずかしかった経験も、

その時は不正解かもしれませんが、全てがある種、正解なんです。

 

完璧を求めすぎて行動できない、ビビってしまうのは一番”不正解”だってことです。

これは自分にも言えることなので、自分にも言い聞かせます。

 

要は、完璧なんか目指す必要ないよってことを言いたいんです。

これは別の話になるかもしれませんが、

弱点は弱点で武器になるので、それはそれで残した方がいいですし。

 

ということで、僕はこれからもめちゃくちゃ失敗をしてやろうと思います。

誤字脱字を見つけても適当に流してくださいね♪笑

 

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)