ドラマ記事を書く際の注意点はコレ!キーワードに強いこだわりを

 

どうも、踊るブロガーのヒデ(@filver366)です。

相変わらず複数のブログを運営し、気まぐれに記事を更新し続けている私なのですが、

 

最近は結構ドラマの記事を書くことも多く(割とアクセス数が伸びているので)、

ドラマの記事を書く際の注意点をまとめてみました。

(なので、今日は完全にアフィリエイター、ブロガーの方向けの記事です)

 

ドラマの記事を書く際の注意点

 

 

僕が思うドラマの記事を書く際の注意点は3つあります。

(ちなみに、ドラマ系のブログだけで生活できるくらいのお金をいただいていますので、多少は参考になると思います)

 

  • ”ネタバレ・あらすじ・キャスト”を決まり文句にしてはいけない
  • VOD以外のマネタイズ方法も考えなければならない
  • ドラマ記事は独自性が鍵になってくる

 

まず、ひとつ目。

 

”ネタバレ・あらすじ・キャスト”を決まり文句にしてはいけない

 

コレ、結構ありがちなミスなのですが、

ドラマの記事を書く際のタイトルで「ネタバレ」「あらすじ」「キャスト」という王道キーワードで攻めてしまうこと。

例:「逃げるは恥だが役に立つのあらすじやネタバレ!キャストは?」

 

自分も結構やりがちなのですが、

このキーワードで上位にあがっているサイトって、アクセス数のある”強いブログ”ばかりなんですよね。

明らかに弱者戦略とはかけ離れたアプローチの仕方です。

 

数年前の教材とかでは、未だにこのキーワードで攻めた方がいいと書かれているのもありますが、あまり鵜呑みにしないように!

もちろん、すでにアクセス数の強いブログやそのドラマがマイナーな場合はまた話が別ですが。

 

とにかく、僕が言いたいことは、

「ドラマの記事を書こうか… タイトルキーワードはネタバレ、あらすじでいっか」みたいな、安易に、リサーチもしないで、キーワードを決めてしまわないように!

ということです。

弱者戦略でいきましょう。

 

 

そして、二つ目。

 

VOD以外のマネタイズ方法も考えなければならない

 

コレ、実は今、僕も直面している一つの課題なのですが、

ドラマの記事を書いた時、

結構VOD(ビデオオンデマンド)が売れやすいので、VODありきの記事を書きがちですが、これも実は結構リスクがあります。

(VODとは、U-NEXT、Hulu、FODプレミアムなど)

 

このドラマはU-NEXTで視聴できます!

このドラマはHuluで視聴できます!って宣伝するのがベタな方法ですが、

 

でも、思うんですが、もし、U-NEXTやHuluがそのドラマの動画の配信をストップさせたり、

民放の方から「それはやめてください!」と、ストップがかかったら一気に収入が無くなります。

そう考えたら、結構、リスクデカイですよね。。

(僕もそれで収入が多少下がる時期もあったり…っていうのはここだけの話です)

 

まぁ、これは何においてもそうなんですが、

「マネタイズ方法が一つはリスクが大きい」ということです。

 

Googleアドセンスに切り替えたり、VOD以外のマネタイズ方法も考えたり、と手を替え品を替え、マネタイズを分散させなければなりません。

 

要はVODが調子良いからって油断は出来ないということです。

 

僕みたいに、

「最近、VODがアツい! やったぜ、不労収入! 今日もダンスや〜」

って調子に乗ってダンスばかりしないように。笑

 

 

そして、最後のポイント。

 

ドラマ記事は独自性が鍵になってくる

 

これは僕の経験談でもあるのですが、やはり独自性のある記事は後でジワジワとアクセス数を稼いでくれます。

というのも、ドラマ記事って結構独自性のある記事が少ないんですよね。

 

よく考えたら当たり前の話なんですが、

ドラマ記事を書こうと思っても、実はネタって結構限られていて。

「あらすじ、衣装、ネタバレ、ロケ地、原作…」など、どのブログも大体似たようなタイトルキーワードで記事が構成されています。

おそらく、これらのキーワードが虫眼鏡、サジェストキーワードで頻繁に見られるのが原因でそうなったのでしょう。

 

ただ、このベタなキーワードばかりの記事を集めてしまうと独自性のある記事が少なくなり、グーグルからの評価が下がってしまいます。

そして、アクセス数も下がり、比例して収益も下がってしまいます。

 

じゃあ、どうすれば良いんだって話なのですが、

ここも弱者戦略です。ライバルがいないような記事を書くのです。

 

ライバルがいない記事は、下手したらアクセス数が全くないかもしれません。

ただ、上位表示される可能性は高くなります。

 

上位表示されると、一気に爆発する可能性もありますし、ジワジワとアクセス数を獲得できる可能性もあります。

もちろん、そこにはこのキーワード需要ありそうだなっていう、多少の戦略は必要なので、何でも書けばいいものでもありませんが。

 

とにかく、ここでも弱者戦略でいきましょう!

 

 

あとがき

 

最近、ドラマブログが増えてきたので、以前のよう美味しい思いはあまり出来ないかもしれませんが、ドラマブログだけで月収100万円を越えている強者もいます。

なので、個人的にはまだまだ参入できるジャンルかな、と思っています。攻め方は工夫しなければなりませんが。

 

 

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)