フリーランスは転職が不利なの?面接に行ってみて感じたこと

 

どうも、最近ネガティブなニュースを聞くたびに、謎の病に襲われているブロガーのヒデ吉(@hidekichi_u)です。

さて、先日から人生初の転職活動を始めている私ですが、いかんせん、ビジネスをスタートすることとまた違った新鮮さと面白さがあり、毎日が充実しております。

転職活動に至った経緯は以前の記事(「アフィリエイターだけど転職活動を始めたよ!もう不安で仕方ないよ(涙」)に詳しく書いています。

そして今回、書類選考に受かったので、面接を受けることとなりました。

数年ぶりの面接だったので、緊張なのか不安なのか、それともワクワクしているのか、何とも言えない感情が湧き上がり、変なテンションで迎えることとなりました。

フリーランスが初の転職。しかもほぼ職歴もなし。さて、一体どうなったのか……

 

Sponsored Link

 

【フリーランスの転職活動】面接に行ってみました

 

まず初めに私の職歴をまとめてみました。

  • 大学卒業後、すぐに独立し、フリーランス(アフィリエイター)
  • 大学は2年留年
  • 現在は28歳

 

そう、何を隠そう私はアラサーながら一度も就職をしたことがありません!(しかも留年経験あり)

強いて言えば、バーで働いていましたが、正社員ではないので、どこまでアピールとなるか大きな疑問。

じゃあアピールポイントとしては、フリーランスでの実績や経験となりますが、

自分レベルの実績(やっと飯が食えるかってレベル)では、そこまでアピールになるのかさらに大きな疑問となりました。

(逆にフリーランスは扱いづらく、マイナスになるという意見もあったりします)

 

とはいえ、そんなマイナスなことばかり考えても一生動けないので、ギリギリ30歳にもなっていない今だからこそ色々と動いてみようと思い、今回転職を決意し、面接に行ってみることとしました。

マッチ
頭の中はずっと中二ですけどね
ヒデ吉
おい

 

【フリーランスの転職活動】面接に行った結果

 

結論から申すと、面接自体は60点ぐらいの出来でしたが、経験して良かったです。(反省点も多かったのですが)

  • フリーランスとしての実績は割と評価してもらえた
  • 転職理由、志望動機は明確に説明できた
  • 思うように、自己PRができなかった
  • 自分の仕事の価値観や今後のライフプランがより明確になった

 

僕が受けた企業は割とベンチャー企業なので、同世代よりちょっと上の年齢の方(3名)に面接されましたが、面接の割にアットホームで和やかな雰囲気でした。

フリーランスとしての実績・経験は割と評価してもらえた気がしましたが、やはり企業に属することへの心配はされました。

それこそ「時間や場所が制約されてしまいますが、それでも大丈夫ですか?」といったように。

そこは「雇われた経験はありますので、問題はありません」とはっきりと言えましたが、どこまで伝わったのかどうか。

 

確かに、本音を言えば、この数年間は自由で全然縛りがない毎日だったので、多少の窮屈さは感じるようになるでしょう。

ただ、今ではこんなちゃらんぽらんのイメージの僕ですが、学生時代は皆勤賞を取ったこともある真面目っぷりでした。お掃除大賞にも選ばれたことがあります。(今思えばお掃除大賞って何)

企業に所属することには抵抗はありませんし、コミュニケーション自体もバーテンダー時代に嫌というほど培ってきたので、人間関係においてはそこまで不安になる部分はありません。

 

とはいえ、まだ最終的に受かったわけでもなく、一次面接が合格となれば最終面接があるので、次はそれに向けて改善ポイントを明確にしつつ、自己PRの部分(特に会社で何を実現したいかという所)を何度も練習します。(受かればね)

 

ヒデ吉
ちなみに、大学を2年留年したことを正直に書いたら、ちょっと笑われた(良い意味で)

 

フリーランスは転職が不利なの?

 

そして、フリーランスが転職に不利なのかどうかというポイント。

データがあるわけでもなく、個人的な見解にはなりますが、今回面接を受けて思ったことはフリーランスになった前の経歴が重要ということ。

特に僕のような就職したことがない、『新卒フリーランス』は特に。

 

新卒フリーランスは雇われた経験を重点的に説明すべし

 

というのも、新卒フリーランスは本業での実績よりも、組織に属してその色でやっていけるかという柔軟性や対応力が問われてしまいます。

「色々と時間や人間関係など、新しい制約が生まれますが、大丈夫ですか?」と聞かれますが、そこですぐに「はい」と即答し、その理由を論理的に説明できるかということ。

バイトやインターンシップの経験もなく、一度も雇われたことがない方は苦戦するかもしれません。

 

ちなみに、転職エージェントの方にお話を聞いてみた所、

フリーランスであっても、人と一緒に何か協力して仕事を経験した点を重点的にピックアップするのも良い、とのこと。

 

あとがき

 

この先、全部受かるかもしれないし、全部落ちるかもしれませんが、とりあえず今できることに集中し、取り組んでいきたい、そう思っています。

面接に関して言えば、これだという正解もないと思うので、楽しみながら自分をプレゼンしつつ、お話を聞ければな、と。

 

あと一つ思ったのが、

フリーランスは転職をするしない、どちらにせよ面接を練習することはコミュニケーション能力もアップするので、おすすめです。

あれを聞かれたらこれを返そうとか、自分ならこういう風にプレゼンするとか。

もちろん、相手も時間を取っているので、入社する気がない”冷やかし面接”を受けるのは迷惑ですが、自分の考えやビジョンも明確になるので、時間があればぜひやってみてください。

 

ヒデ吉
久しぶりにスーツ着たけど、スーツ結構好きなんだよね
マッチ
分かります、男子ってスーツ来たら2割くらい増しますよね!
ヒデ吉
そうなのよ、女子の浴衣ぐらいのレベルで
マッチ
それはちょっとよく分かりませんけど
ヒデ吉
……

Sponsored Link

 

Twitter でヒデ吉@毎日ブロガーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)