集団行動が苦痛で苦手な人へ!デメリットよりもメリットを考える

 

どうも、踊るブロガーのヒデ(@filver366)です。

 

自分はダンスが好きで陽キャラぶっていますが、実は昔から集団行動が苦手です。

結構、割とひとりで生活しています。

(厳密に言えば、苦手というよりも、ひとりの時間が好きというのもあります)

 

そんな僕のように集団行動が苦手という人もいると思いますが、集団行動が苦手ということって必ずしもデメリットばかりではないと思うのです。

 

中途半端な自分が嫌だった…

 

 

皆さんの周りにも集団行動が得意で、学生時代、いつも輪の中心になっていた人がいると思います。

いわゆる陽キャラの人です。

 

僕は学生時代、陽キャラでも陰キャラもない、中途半端な存在でした。

集団行動は苦手でしたが、思春期特有のプライドの高さからか、集団行動が苦手な感じを一切みせたくなかったので、一応周りに流されるがまま集団行動はやっていました。

だからか、陽キャラな人を見たら、うらやましいと思う半面、嫉妬もしていました。

 

いっそ陰キャラになってしまった方が救われるのですが、そこまで振り切れる勇気もなく……

ただただ中途半端な自分が嫌でした。ただただストレスでした。

 

しかし、大人になった今では考えもすっかり変わりました。それぞれのメリット、デメリットも理解しましたので。

 

集団行動が苦手と感じてしまう原因とは?

 

 

集団行動が苦手で苦痛と感じる原因として挙げられるのが、

  • 周りの目を気にしてまうこと
  • 人に嫌われるのを恐れてしまうこと

 

なのかな、と思います。

「じゃあそれらの問題を克服すればいいじゃん!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、僕はそれもちょっと違うのかな、と思っています。

 

というのも、

人にはそれぞれ得意、不得意がある訳で、わざわざ苦手なジャンルを強化するよりも、せっかく”集団行動が苦手”という強みがあるので、その強みを生かした方が合理的じゃないか、と思うからです。

 

じゃあ、集団行動が苦手の強み(メリット)って何があるのでしょうか。

色々と挙げれますが、一番は『ひとりで行動ができる』という点じゃないでしょうか。

 

 

実は集団行動が苦手という人がいる中で、一方で、ひとりで行動するのが苦手という人もいます。

ひとりで飲食店に行けない…ひとりで洋服を買いに行けない…って人を聞いたことがあります。

(もちろん、集団行動も得意で、ひとりでも行動するって人も中にはいますが)

 

今の時代、趣味だったり、副業だったり、ビジネスだったり、ひとりで全て完結できるものは数え切れないほどあります。(恋愛だけは無理ですが…)

むしろ、ひとりの時の方が作業がはかどったり、自分を見つめ直すことも出来るので、メリットは結構大きいです。

そう、集団行動にメリットがあるように、”ひとり行動”の方も実はメリットが多いのです。

それならば、ひとりで完結できるものに集中するのも一つの選択肢なんじゃないかな、と思うんです。

 

要は、一見自分にとって短所と思う所は、もっと広い目で見れば、長所としても見ることが出来る、ということです。

どっちが優れているとかそういうことじゃないです。

 

集団行動が苦手というのも一つの個性として、そのメリットを生かしながら、ドンドンひとり行動を実践していきましょう。

という訳で、今日も僕はひとりでブログを更新します。

 

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)