共感力がありすぎる人必見!ラクに生きるための方法を伝授します

 

どうも。ブロガーのヒデです。

最近、自分の性格について気付いたことがあるのです。

 

僕は「共感力が高い」人間だ、と。

「いきなり何言い出すの、お前」と思われたことでしょう。でも間違いないのです。(無駄に断言しますが)

 

共感力が高い人間とは?

 

そもそも、<共感力が高い人間>とは、

「相手の立場になって物事を考えることができる人間」と定義されています。

 

また、一般的に<共感力が高い人間>とは、

 

・他人の意見を合わせることができる

・空気を読むのがうまい

 

という利点があり、人間関係を築き上げるのは割と得意な方です。コミュニケーション能力も高い方だと周りに言われてきました。

おそらくバーテンダー時代に培ってきた能力なのでしょう。

 

でも、

光があれば影もあるように、物事には良い面があれば、悪い面もあります。

 

そして、今。その影の部分、悪い面が表れてきています。

それは「他人の意見を受け入れすぎる」ということ。

 

共感力が高い人間は他人に影響されやすい?

 

まず、間違いなく僕は他人の意見、思想に影響されやすいタイプです。

つまり、宗教などにハマりやすいタイプです、俗にいう「ヤベーやつ」です。

 

今のところ、幸いなことに(?)宗教にはハマったことがありませんが、

この人、おもしれェ!!!ってハマったら、中々抜けきれないでいました。

 

好奇心旺盛で物事にハマる能力には長けているのですが、

一方で、様々な思想に影響されやすいので「自分の意見がブレてしまう」という重大な欠点があります。

 

自分の意見がブレてしまうと、一貫性がないとか、信用がないとか周りに言われてしまいます。

一貫性がないのはどっちでも良いのですが、信用がないのはかなり痛いです。激痛です。

 

自分では嘘はついていない(と思っている)のですが、

他人の意見を”受け入れすぎて”、一貫性がなくなりブレてしまって、信用がなくなってしまえば、

元も子もないです。

 

あと、非常に疲れやすい。他人の意見を聞きすぎて、受け入れすぎて。

「どっちが正解なんだろう」とゴールのない迷路をひたすら進んでいってしまいます。カオス状態です。

 

でもこういう人って、実は周りにも多いのではないかと思います。

コミュニケーション能力が高いゆえに、こんな繊細な部分、誰かに相談ができないともなれば、元も子もないです。

ある意味、コミュ障に近いです。コミュニケーション能力が高いコミュ障です。

 

そこで、

僕が提案するスキルがあります。それは、「凍結」というスキルです。

 

一旦、問題を凍結します

 

ドラマ「鈴木先生」で鈴木先生がたまに使っているスキルで、今起こっている問題を一旦、凍結するというスキルのことです。

「建設計画を凍結します」などといった文章でも、たまに見かけると思います。

 

今ある問題を凍結するというこのスキルにより、

「ゴールのない迷路を早々に引き返すこと」ができます。

考える時間が短縮され、その分、他のことに時間が使えますし、気持ちもかなり楽になります。

 

「それは単なる思考停止じゃないの?」と思う人もいるでしょう。

そうなんです。単に逃げるだけじゃダメです。この場合は「逃げるはただの恥」です。役に立たないです。

 

では、どうすれば良いのか。

それは、「問題を凍結し、一旦結論を決める」ことです。

それが正解か不正解か分かりませんが、一旦、自分にとっての正解を決めておくのです。ココだ!って。

 

そうすれば、もっと物事をシンプルに、楽に考えることができます。

僕は最近、このスキルを頻繁に使うようになりました。「共感力が高すぎる人間」なので。

 

「共感力が高い」と自負している人は是非使ってみてください。物事を複雑に考えがちな人におすすめの方法です。

あと、ドラマ化された「鈴木先生」は原作もめちゃくちゃ面白いので、おすすめです。

 

 

共感力が高い人は死ぬほど感動できると思います。

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)