大学生活で後悔しないためにすべきことは?後悔ランキングTOP5を発表

 

どうも、睡眠時間は量より質だと最近、やっと気づいたブロガーのヒデ吉(@hidekichi_u)です。自分は6時間くらいが一番ちょうど良いみたいです。

さて、時が経つのが早く、気が付いたらもうアラサーになってしまった私ですが、アラサーの自分が今の大学生にできることはないか、しばらく考えてみました。

やはり数年前に経験した大学生活で、自分が後悔してしまったことを伝えて、それによって同じように後悔しない方が増えて欲しい、そう思うようになりました。

そこで、今回、「私が大学生活で後悔してしまったことランキング」を発表したいと思います。

 

Sponsored Link

 

大学生活で後悔してしまったことランキングTOP5

 

本当は、仕事編とか恋愛編とかに分けたいのですが、あまりにも長くなりそう(&更新遅くなる)なので、今回はトップ5にまとめてみました。

これ自分もやってるな…とか、これ今後やりそうだから気をつけないと…とか、色々と考えることがあると思うので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

では、第5位の発表。

 

第5位「もっと失敗をすれば良かった」

 

僕個人として、様々な失敗をしてきましたが、大学生活でもっと失敗をすれば良かったな、と今では考えています。

逆説的にいえば、「失敗するぐらい、もっと何かに挑戦すれば良かった」ということ。

「大学生だからまぁ仕方ないか」と大人たちに許されることがあるので。

 

例えば、起業をすること、プログラミングを始めることなど。

スノボやマリンスポーツも、時間があり、体力もある大学生活にもっと挑戦すれば良かったな、と思うことがあります。

 

第4位「真面目に就活をすれば良かった」

 

そもそも僕個人として、大学時代はバーテンダーをやっていて、就活をする時間があまりなかったので、

ある意味、これは仕方がないのかもしれませんが、でももっと時間を捻出して真面目に就活をすることはできたな、と思ったりもします。

(週5のバーテンダーで1日12時間労働して、週5で大学行っていたので、今考えればかなりヤベー奴です)

 

極論を言えば、別に就職をしなくても大学生活で就活はやった方が良かった、と。

転職の時に感じましたが、面接での緊張感はやはり特別なもので、経験値がめちゃくちゃ重要です。コミュニケーションスキルや対人スキルを磨いたところで、あの特殊な場では、あまり通用しません。

だからこそ、もっと真面目に取り組んでおけば良かったな、と感じます。

 

第3位「もっと色々な種類のバイトを経験すれば良かった」

 

またお金のなかったフリーランス1年目の時に感じたことですが、もっと大学生活の内に様々な種類のバイトを経験すれば良かったな、と。

もちろん、一つの仕事を追求することも重要です。僕もあのバーテンダーの4年間は無駄ではなかったと思っています。

 

でも時間がある大学生活で、もっとできることはあったのかな、とも思ったりもします。

例えば、もっと新しい人脈を増やしたり、視野を広げたりするためには、バイトはやはりコスパが良いので。(収入も入るし)

嫌なことも経験するとは思いますが、それは後に話のネタになるので、「それはそれでおいしい」と思えば嫌なことも乗り越えていけます。(でもブラックすぎる職場はすぐにでもやめた方がいい!)

 

第2位「無駄な時間が多かった。時間をもっと意識すれば──」

 

大学生活ってホントあっという間です。4年なんかすぐ、です。

しかも厄介?なのが、夏休みと春休みがやたら長い。個人名は出しませんが、自分の知り合いで大学生活はずっとゲームをしていたという人がいます。

サークルにも入らず、バイトもほとんどせず。

その後、どうなったかというと、社会人になってもゲームが唯一の友達になってしまって、友達は全然いなくなったという。

 

僕もゲームではありませんが、無駄な時間を多く過ごしました。

どうでもいい飲み会に参加したり、めちゃくちゃ眠いのに朝までカラオケしたり。

(今思えば、朝6時までぶっ通しでカラオケするって考えられない…)

 

そういうのを経験して今の時間を大事にするのかもしれませんが、別に大学生活でそれを気付いても良い訳です。

時間がいっぱいある分、バイアスにかかってしまいがちですが、時間(若さ)は貴重な資源と考えれば、ムダをすることも減ると思うので、自分のできる範囲で意識できれば良いですよね。

 

第1位「やっぱり大学生活は勉強が一番。もっと集中すれば──」

 

もう、結局コレ。

当たり前すぎて、何か逆に申し訳ないのですが、大学生活は勉強するのが一番コスパが良いです。

 

だってその世界のジャンルの追求している『先生』から、

こっちが『お金』を支払って授業を受けていて、しかもいつでも質問しにいける環境。

これってよく考えてみれば、めちゃくちゃありがたいし、活用しないのは勿体ない環境ですよね。もう僕、もう一回大学生になりたいですもん(笑)

 

あの頃にもっとプログラミングや統計学を追求していたら、今こんなに勉強しなくて良かったのになぁと感じることが多々あります。

まぁ勉強はいつでもできると言えば、それも間違ってはいませんが、せっかく最高の環境がある訳ですから、それを出席取るだけの授業にしたり、レポートを提出するだけの講義にするのは本当に勿体ない。

勉強するというよりも、そのジャンルを追求することを意識してやってみれば考え方も変わってくるのかもしれませんね。

 

あとがき:大学生活で後悔しないために

 

とはいえ、大学生活で絶対に後悔しないことなんてないと思っています。(ランキング作っておいて何ですが)

『人は後悔する生き物』と思って、割り切るのも一つの方法で、後悔したことをどう捉えるかはその人次第。

時間をムダにしたから次どうするのか、勉強できなかったからこれからどうしていくのかは、結局今の自分が決めることです。

これからの自分の人生でも後悔することは少なくないと思いますが、『今自分にできること』を集中してやっていきたいですね。

 

Sponsored Link

 

Twitter でヒデ吉@毎日ブロガーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)