ブログのネタが思いつかない時のおすすめの方法!そんな時はコレ

 

どうも、最近オンライン飲み会を毎週やっているブロガーのヒデ吉(@hidekichi_u)です。4人くらいがちょうどいいです。

ブログを毎日書くと決めてからは毎日書くようにしているのですが、いかんせん毎日書こうと思ってもブログのネタが思いつかないことがあると思います。

実際、今も朝からボーッとしていて、思いついてないのですが…

そこで、ネタが思いつかない、頭をフル回転してもギブアップという場合に、実際に行っている対策についてお話ししていきます。

 

Sponsored Link

ブログのネタが思いつかない…

 

「ブログを書きたいけど、何を書けばいいのか分からない」

「ネタが思いつかないから、書けない…」

という方に、まず前提としてお話ししたいのは、それはブロガーみんな通る道だと思うので、安心してください、ということ。

そして、ネタが思いつかないから行動する、対策する、という方と

ネタが思いつかないからブログを書かないという方、長期的に見てどちらの方が成長するのか、結果を出すのかは言うまでもないですよね。

では、どのようにすれば、ネタがない時でもブログを書けるようになるのか。実際に僕が行っている方法をお話しします。

 

メモ帳・手帳を見る

 

めちゃくちゃシンプルなのですが、僕はネタが出ない時は、「メモ帳・手帳を見る」ように習慣化しています。

なぜそうするのかと言うと、メモ帳や手帳にはその瞬間瞬間の出来事やエピソード、体験談が述べられているからです。(ない場合もありますが)

それは自分だけのオリジナルのエピソードで、ネタとしてはかなり貴重だからです。

例えば、抽象的な表現をベースにブログを書こうとする方がいますが、やはり体験談やエピソードがないと説得力に欠け、具体性に欠けます。

もちろん、科学的な事実を述べ、自分が持っている知識で解説する、というメンタリストDaiGo的な方法もありますが。

そして、手帳やメモを見ることの最大のメリットとして、あの当時に気づけなかった新しい視点、アイデアを思いつく、というパターンがある、ということ。

例えば、「お酒を飲みすぎて、朝寝坊してしまった、反省しよう」と、日記をつけていたとすると、

 

  • なぜお酒を飲みすぎたのか
  • もし飲みすぎた場合、どのように改善すれば良いのか

 

など、その事実から派生して、様々な角度からPDCAを回すことができ、そしてそれがブログのネタになるという。

自分の過去を振り返るという意味でも非常におすすめの方法です。

 

あとがき

 

とはいっても、手帳を見ても全然思いつかないって方、いると思います。めちゃくちゃ分かります。

もうそうなったら、「何でもいいからとりあえず自分の感情を書いてみる」という方法も自分は行っています。

もし嫌な感情、めんどくさいとか、面白くないとか出てきたら、ラッキーと思って、それをいかにネタっぽく書くか、が重要です。

ただの日記みたいになったらもったいなので(それはそれで面白いかもしれないけど…)

とりあえずネタが思いつかない時は、過去を振り返ったり、今の感情を書き出したりしてみてください。

”お宝”は自分のすぐ目の前に転がっているはずですから…

 

マッチ

何か最後の感じ、サブいですね…、絶対に友達になりたくない…

ヒデ吉
…いや、言い過ぎよ

 

Sponsored Link

 

Twitter でヒデ吉@毎日ブロガーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)