ポモドーロテクニックで疲れる原因になる…?効果的な方法とは?

 

どうも、時効警察のシュールな感じのノリにハマっている、ブロガーのヒデ(@filver366)です。実生活でアレをやると大体スベるのでご注意を。

さて、日頃から時間管理、タイムマネジメント(ただ言い換えただけ)にうるさい私ですが、これまで仕事の効率を求めて様々なテクニックを駆使してきました。

その中でも一つ、皆さんもご存知の『ポモドーロ・テクニック』を日常から使いまくっているのですが、どうもこれが合っていないように感じていました。

というのも、ポモドーロ・テクニックによって疲れが溜まって溜まって仕方がないからです。

そこで、ポモドーロテクニックで疲れる原因はコレじゃないかと突き止め、効果的に使える方法をまとめてみました。

 

Sponsored Link

ポモドーロテクニックとは?

 

そもそも、当たり前のように連発している『ポモドーロ・テクニック』とは何ぞやという方もいることでしょう。

 

“ヒデ”
抜き打ちクイズ!!ポモドーロテクニックとは何でしょう??

と、藪から棒にクイズを出されたら、流石のポモラー(ポモドーロ・テクニックを愛用しているヒト)の私でも詳しく説明できないのが現実。

 

では、ポモドーロ・テクニックとは何か。

すっごく簡単に言えば、25分作業して、5分休憩するという動作をひたすら繰り返すということ。

 

ポモドーロ・テクニック
  1. 25分集中して作業
  2. 5分休憩する
  3. これの繰り返し

 

そして、このポモドーロ・テクニックの肝となるのは、これを4回繰り返したら15分という”中休憩”をするということ。

つまり、25分(+5分)の4回分を1セットにし、休憩ができます。

 

このポモドーロ・テクニックの利点として、

  • 25分と制限時間があるから(しかもちょうどいい)集中しやすい
  • 休憩が5分と短いから集中力を切らしにくい
  • 休憩中に新しいアイデアが浮かぶことも…?

 

などなど、効率よく仕事をこなしたい、疲れを最低限に仕事をしたいという方にはもってこいのテクニックとなっています。

しかし、このポモドーロ・テクニックを存分に活用していた私ですが、最近あることに気が付きました。

“ヒデ”
ポモドーロテクニックって逆に疲れない??

 

策士策に溺れる、ではないですが、ポモドーロテクニックが原因なのか、逆に疲れるような気がしていました。

ただの気のせいだったらいいのですが、実際に疲れているので、気のせいではないです。はい。

実際、「ポモドーロテクニック 疲れる」とググってみた結果、

「ポモドーロテクニックで失敗してみた体験談」「ポモドーロテクニック実践しても効果がなかった」など、思ったよりもマイナスな感想が多いことを知りました。

では、なぜポモドーロテクニックが原因で疲れやすくなるのか。その原因を探ってみました。

 

ポモドーロテクニックで疲れる原因になる?

 

 

結論としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 5分の休憩で十分に休憩をしなかった
  2. ポモドーロ中に別の作業をしてしまった
  3. ずっと座っている

 

『5分の休憩』で十分に休憩をしなかった

 

 

これが非常に難しいのですが、休憩の時間(5分)に十分に休憩できていなかったということ。

ついスマホを触ってしまったり、PCでネットサーフィンをしてしまったり、と休憩中にも関わらず、結局脳みそを動かしてしまっていたのです。

オフなのに電源がオンのままになってしまったことにより、オンにすべき所で充電が切れてしまっていたのです。

 

<主な対策>

対策としては、休憩中にメールが届いても、LINEが届いても無視すること。(よっぽど大事な要件以外)

ではその5分の間、何をすればいいのか。

おすすめは目を閉じて瞑想したり、軽くストレッチ(運動)をしたり、とにかく頭を極力使わないこと。

オフィスでそんなことできないって方はトイレに行ったり、飲み物を買いに行ったりするものアリですね!

 

ポモドーロ中に別の作業をしてしまった

 

 

この25分の集中時間中につい別の作業をしてしまうということ。

例えば、作業中にメールを開いたり、ネットサーフィンをしてしまったり(簡単に言えば、マルチタスクですね)

 

<主な対策>

別の作業が気になって気になって仕方がなくなったら、ToDoリストにメモをして保存して、今は目の前のことに集中して、やりたいことは次の機会に回しましょう。

とにかく、やりたいことはメモです。子供のように、やりたいことをその場ですぐにやらないように。

 

ずっと座っている

 

 

案外、やりがちなミスなのですが、作業中も休憩中もずっと座っているということ。

これが疲れの原因になることもあります。

実は、『座るという行動はメンタルに良くない』ということも最近の研究で分かっています。

 

<主な対策>

とりあえず、休憩の間は立ちましょう。それがシンプル・イズ・ベスト。

休憩なのに、休憩じゃないかもしれませんが、それがある意味、休憩になるので、立って休憩しましょう(何言ってんだ)

 

 

まとめ

 

ポモドーロテクニックで疲れてしまう原因は以下の3つを挙げました。

  1. 5分の休憩で十分に休憩をしなかった
  2. ポモドーロ中に別の作業をしてしまった
  3. ずっと座っている

 

まとめれば、結局、オンとオフの切り替えを上手にやろうってことです。

オフの切り替えが苦手な人はとりあえず上記に挙げた対策を実践してみてください!

“ヒデ”
どんなテクニックも使い方を間違えたら逆効果になるって話!です!

 

Sponsored Link

 

Twitter でヒデヒロ@ブロガー&週末バーテンダーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)