坊ちゃん文学賞2019に応募してみた結果!【作品も公開します】

 

どうも、最近コミュニケーション・心理学の勉強にハマり、人と喋ることが少なくなったという矛盾に陥ったブロガーのヒデ(@hidehiro_up)です。本末転倒とはまさにこのこと。

さて、人生1度は小説のを書いてみたいという衝動に駆られ、先日ショートショートの『坊ちゃん文学賞』2019に応募してみたのですが、その結果が発表されました。

まず僕が入選したのかどうかについてお知らせします。

 

Sponsored Link

 

坊ちゃん文学賞2019に応募してみた結果!

 

そもそも、なぜ坊ちゃん文学賞を応募してみたのか、そのワケは前回の記事(「2019年9月坊ちゃん文学賞に挑戦してみた感想!変わったことは?」)にまとめたので、ここでは省略します。

2019年9月坊ちゃん文学賞に挑戦してみた感想!変わったことは?

 

色々と学ぶことも多かった今回の人生はじめての文学賞の応募。

で、その結果は、何と・・・・

 

 

 

『落選』でした。

ヒデ
ちーん…(涙)

 

まぁ97%くらい期待はしてなかったのですが、とりあえず自分の作品のクオリティは、まだまだだったということでしょう。

ちなみに、最終審査通過作品(6作品)は松山市の公式HPに載っています。通過した方、おめでとうございます!!

松山市の公式HP

 

あとがき

 

応募した作品を改めて読み直したのですが、やはり小説を全然読んでいないのがバレバレで、表現力、語彙力がかなり薄いという印象。会話のやりとりはまぁまぁ面白いと思いました。(自分で言うのも何ですが)

改善ポイントが明確に分かったので、それだけでも大きな収穫かな、という感想です。

 

ちなみに、応募した作品はnoteに無料公開しました。

⇒note

お時間がある方はぜひ読んでみてくださいませ〜

 

マイ
私も小説書いてみようかな〜
ヒデ
いいじゃん! やってみたら!!
マイ
私、夏が好きなので、夏っぽいタイトルにします
ヒデ
あ〜、「スイカ割り」とか?
マイ
いや「火花」にします
ヒデ
めっちゃパクリやん

 

Sponsored Link

 

Twitter でヒデ吉@毎日ブロガーをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)